大阪での金属加工・機械加工ならNBファスナー工業。溶接加工について。

HOME >> 金属加工方法 >> 二次加工 >> 溶接加工

最短1日で納品します

溶接加工

溶接加工とは、短時間に高温度の熱をあてて、金属を接合する加工法です。
歯医者で利用するうがい用の水回り設備や、背もたれの支柱、また理髪店の椅子の部品など、
意外と身近なところで当社の溶接の技術は利用されています。

溶接加工の種類

当社では、スポット溶接加工・電機溶接加工・ロウ付溶接加工の3つの溶接加工が可能です。
こちらでは、それぞれの加工法の特徴をご紹介しております。

スポット溶接

2枚の薄鋼板を上下電極間に差し込んで圧力を加え、大きな電流を通すと、金属抵抗によって発熱し、薄鋼板の加圧部は半溶融状態となります。
そこで電流を止め、加圧しながら接合する加工法です。金属の電気抵抗を利用するところから、抵抗溶接とも呼ばれています。

電気溶接

機械的な圧力を加えずに、電気を熱源として金属を溶融させ、接合する加工法です。

ロウ付加工

薄鋼板や、溶接が不可能な材料でも接合できる加工法です。
また、接合母材の変形が少ないという大きな利点があります。
一般的に、400℃以上の温度域で行う金属加工をロウ付といいます。

溶接加工サンプル例

溶接加工サンプル例


大阪府の金属加工NBファスナー工業 「クイックファクトリー」 QuickFACTORY.com HOME プライバシーポリシー リンク サイトマップ インターネットからのお問い合わせ、資料請求 お見積書 ダウンロード